motorola edge 20とedge 20 fusionのスペック比較

motorola edge 20 紹介ページ

モトローラ公式サイトより

motorola edge 20とedge 20 fusionのスペック比較

モトローラよりAndroidスマートフォン「motorola edge 20」と「motorola edge 20 fusion」の日本国内での発売が発表されました。

2021年10月22日の発売で価格はmotorola edge 20が54,800円・motorola edge 20 fusionが43,800円。

おサイフケータイには非対応(NFCは対応)ですが、薄型・軽量で高性能カメラ搭載した5G対応のコストパフォーマンスの高い端末です。

通信会社では格安SIM(MVNO)のOCN モバイル ONEが10月22日から販売を開始し、SIM契約とセットでmotorola edge 20が33,192円・motorola edge 20 fusionが25,569円。

対象オプション(ABEMAプレミアム)の同時加入割引(2,000円割引)、他社からの乗り換え(MNP)割引(13,000円割引)も利用可能になっています。

※追記 2021年11月12日までのセールで新規・乗り換え(MNP)共にmotorola edge 20が24,200円・motorola edge 20 fusionが16,500円で販売されています。

関連記事

各キャリアで販売されるAQUOS zero6の対応周波数帯・本体価格のまとめ。端末の主なスペック。販売価格と対応バンド(周波数帯)。大手キャリアの利用する4G・5G周波数帯。

主なスペック

モトローラ「motorola edge 20」と「motorola edge 20 fusion」の主なスペックは次のとおりです。

主なスペック

motorola edge 20 fusion
発売 2021年10月
初期OS Android 11
CPU Snapdragon 778G Dimensity 800U
メモリ(RAM) 6GB
保存容量(ROM) 128GB
SIM 2スロット・DSDS(5G+4G)
microSD 非対応 最大512GB
ディスプレイ 6.7インチ(有機EL)
解像度 2400×1080
バッテリー容量 4,000mAh 5,000mAh
本体サイズ(高さ) 163mm 166mm
(幅) 76mm 76mm
(厚さ) 6.99mm 8.25mm
重さ 約163g 約185g
5G sub6対応
アウトカメラ 10800万画素(f/1.9) 10800万画素(f/1.9)
  1600万画素(f/2.2) 800万画素(f/2.2)
  800万画素(f/2.4) 200万画素(f/2.4)
インカメラ 3200万画素(f/2.25) 3200万画素(f/2.25)
NFC 対応
おサイフケータイ 非対応
指紋センサー 電源ボタン一体型
防水/防塵 IP52
Blutooth 5.2 5.0
その他 Wi-Fi 6E対応 イヤホンジャック有

motorola edge 20外観

モトローラ公式サイトより

4G/5G対応周波数帯

motorola edge 20

  • 5G n1/n3/n5/n7/n8/n28/n38
  • 5G n41/n66/n77/n78
  • 4G(LTE)1/2/3/4/5/7/8/12/18/19/20/26
  • 4G(LTE)28/32/34/38/39/40/41/42/43/66

motorola edge 20 fusion

  • 5G n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38
  • 5G n40/n41/n66/n77/n78
  • 4G(LTE)1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26
  • 4G(LTE)28/32/34/38/39/40/41/42/43/66

主要キャリアの周波数帯

4G(LTE)

キャリアの4G周波数帯一覧

5G

キャリアの5G周波数帯一覧

総務省公式サイトより

※楽天モバイルの5G通信(Sub6)はn77を利用します。

ハイエンドに迫る高性能端末

motorola edge 20の搭載しているSnapdragon 778Gは6nmプロセスの高性能CPUで、最新ハイエンドモデルにこそおよびませんが、現行ではかなり高性能な部類の端末になります。

メモリ(RAM)も6GBと余裕があり普段使いには十二分の性能です。

約163gと軽量で薄型ながら4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、カメラ機能も光学ズームや手振れ補正搭載と充実しています。

ただし外部メモリ(microSD)に非対応なので、動画などを多く撮影される方は本体容量が128GBなので注意してください。

価格を抑えた普及モデル

motorola edge 20 fusionに搭載のDimensity 800Uは現行ミドルレンジに分類されるCPUで普段使いには全く問題ない性能があります。

edge 20と異なりmicroSD対応・5,000mAhのバッテリー・イヤホンジャックを搭載している点なども利点です。

明石海峡大橋

ただしSnapdragon 778Gと比べると若干性能差があり、edge 20とは薄型軽量・カメラ機能充実・Wi-Fi6/Blutooth5.2対応などの点で差別化が見られます。

その代わり価格が約1万円ほど抑えられており、edge 20の普及モデルの位置付けです。

OCN モバイル ONEで購入した場合の初期費用

OCN モバイル ONEで回線契約とセット購入した場合、本体価格と初期費用は次のようになります。

※追記 2021年11月12日までのセールで新規・乗り換え(MNP)共にmotorola edge 20が24,200円・motorola edge 20 fusionが16,500円で販売されており、対象オプション(ABEMAプレミアム)の同時加入割引(2,000円割引)も適用可能です。

初期費用と月額料金(税込)

本体価格
motorola edge 20 33,192円
2021年11月12日まで 24,200円
motorola edge 20 fusion 25,569円
2021年11月12日まで 16,500円
割引キャンペーン
ABEMAプレミアムの同時加入 2,000円引き
※乗り換え(MNP)割引 13,000円引き
事務手数料
事務手数料 3,733円
基本料金(月額)
1GBコース 770円
※3GBコース 990円
※6GBコース 1,320円
※10GBコース 1,760円
オプションなど(月額)
完全かけ放題 1,300円
10分かけ放題 935円
端末補償サービス 473円
ABEMAプレミアム※ 960円

※ABEMAプレミアムは2か月無料・3か月目から5か月目は月額500円で利用可

オプション同時加入割引を適用した場合の本体価格は、motorola edge 20が22,000円・motorola edge 20 fusionが14,300円。

回線契約の事務手数料や月額料金が必要になりますが、単体で購入するよりもかなり割安に購入可能です。

ピュアアンドロイドで使いやすい端末

motorolaの端末は比較的大きく重めのものが多かったのですが、motorola edge 20はかなり軽量で薄くなっています。

基本性能も普段使いには申し分なく4,000mAhの大容量バッテリー搭載・指紋認証・ピュアアンドロイドと使い勝手のいい端末です。

スマートフォン

ただ一番ネックになってくるのがおサイフケータイに非対応の点で、モバイルSuicaなどが必須の方は選択肢から外れます。

それ以外については一通りの機能を抑えたコストパフォーマンスの高い端末なので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

UQモバイルで回線契約とセットでAQUOS sense5Gを購入した場合の料金イメージ。本体価格・初期費用・月額基本料金。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329