[おすすめ海外ドラマ]不朽の名作「ER緊急救命室」の面白さ

医療ドラマ好きには、ぜひ押さえてほしい名作

ドラマのテーマとして一番多いのは事件、刑事ものですが、次いで多いのが医療ドラマです。日本の医療ドラマの代名詞「白い巨塔」などは4回もリメイクされています。

最近では米倉涼子さん主演の「ドクターX」も大ヒットを記録しました。医療ドラマには多くの名作が存在しますが、その中でもこれだけは観ておいてほしい名作「ER緊急救命室」を紹介します。

15シーズン続いた人気の海外ドラマ

本作品はマイケル・クライトンの小説「五人のカルテ」が原作で、アメリカNBCで放送されたドラマシリーズです。日本ではNHKが放送を行いました。

シカゴの総合病院の緊急救命室(Emergency Room)を舞台に、現場で働く医師や医学生、看護師たちの日常を丁寧に描いた作品です。

原作者のマイケル・クライトンが元医学生であり、医療描写、考証もリアルで実際の医療関係者の評価も高いことで有名な作品です。

1994年から2009年まで全15シーズンが放送された超大ヒットドラマで、日本でも幾度となく再放送が行われています。最近ネスプレッソのCMに出ていた名優ジョージ・クルーニーの出世作でもあります。

Amazonリンク

アクションドラマにも似た緊迫感

ERの演出で秀逸なのはアクションドラマにも似たその緊迫感です。限られた人数の医師と看護師しかいない緊急救命室に、次々と運ばれ来る緊急処置が必要な患者たち。

人命を救うため一刻一秒を争う事態に医師や看護師たちが必死に立ち向かっていくシーンは、まさに手に汗を握ります。その多忙な医療現場で医療ミスや賠償金などの裁判沙汰、感染症や患者の急死などの事故、加えて家族の問題など様々な事件が起こります。

そんなアクシデントに翻弄される登場人物たちが、日々苦悩しながらも医師として人として成長していく姿が丁寧に描かれています。その人間味溢れる姿に心打たれるシーンも多い作品です。

シーズン1はかれこれ20年前の放送ですが、昨今の医療ドラマと比べても決してひけをとらず色褪せない名作ドラマです。もし機会があればぜひ視聴してみてください。嵌(はま)るひとはとことん嵌る作品です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク