ワイモバイルでAQUOS wish2を購入したときの本体価格と初期費用

AQUOS wish2外観

シャープ公式サイトより

ワイモバイルでAQUOS wish2を購入したときの本体価格と初期費用

ワイモバイルでは6月23日よりシャープのAndroidスマートフォン「AQUOS wish2」の発売が開始されました。

通常の本体価格は26,640円で新規契約時は13,680円、他社から乗り換え(MNP)の場合は8,640円、シンプルM・Lを契約時は追加で3,600円の値引きが受けられます。

AQUOS wish2は昨年末に発売されたAQUOS wishのCPUが強化されたモデルで、一通りの機能が揃った使い勝手の良さとコストパフォーマンスの高さが特徴の端末です。

※本体価格・サービス内容などは2022年6月24日時点のものです。

関連記事

ドコモで音声SIM契約とAQUOS wish2をセットで購入した場合の本体価格と初期費用。端末の主な性能と対応周波数帯。ahamoへプラン変更時の基本料金

AQUOS wish2の主な性能

ワイモバイルから発売されるシャープ「AQUOS wish2」の主な性能は次のとおりです。

主なスペック

  AQUOS wish2
発売 2022年6月23日
初期OS Android 12
CPU Snapdragon 695 5G
メモリ(RAM) 4GB
保存容量(ROM) 64GB
microSD
最大1TB
SIM nanoSIM/eSIM(DSDV対応)
ディスプレイ 5.7インチ(液晶)
解像度 HD+(1520×720)
バッテリー容量 3,730mAh
本体サイズ 約147mm
  約71mm
  約8.9mm
重さ 約162g
5G sub6対応
アウトカメラ 標準1300万画素(f/2.0)
インカメラ 標準800万画素(f/2.0)
FeliCa おサイフケータイ対応
指紋認証 あり
防水/防塵 IPX5・IPX7/IP6X
価格 26,640円

前機種「AQUOS wish」のCPUをSnapdragon 695 5Gに強化したモデルで、CPU性能(基本処理)が約33%、GPU性能(グラフィック)が約19%向上。

初期OSもAndroid11から12に変更され、2年間で最大2回のOSアップデートが保障されます。

おサイフケータイなど一通りの機能がコンパクトなサイズに纏まっており、コストパフォーマンスが高く使い勝手の良い端末です。

AQUOS wish2外観

AQUOS wish2外観

シャープ公式サイトより

対応周波数帯

シャープ「AQUOS wish2(ワイモバイル版)」の国内対応周波数帯は以下のとおりです。

国内の対応周波数帯

  4G(LTE) 5G
AQUOS wish2 1・3・8・18・19 n3・n28・n77・n78・n79

※n3・n28は4G周波数帯の5G転用

nanoSIMとeSIMのデュアルSIM(2枚挿し)が可能でドコモ・auのプラチナバンド(18・19)にも対応しており、SIMカードの2枚運用もしやすくなっています。

どちらか片方がeSIMという制限がありますが、ワイモバイルと他の通信会社を併用するといったことも比較的簡単です。

大手通信会社が利用している周波数帯(バンド)

キャリアが利用する周波数帯一覧

総務省公式サイトより

関連記事

スマートフォンの対応周波数帯(バンド)の見方。通信会社が利用している周波数帯の一覧。iPhoneやPixelの対応周波数帯。

本体価格と初期費用

ワイモバイルオンランストアでサービス契約時にAQUOS wish2をセット購入した場合、本体価格・初期費用などは次のようになります。

SIM契約とセットで購入した時の本体価格・初期費用

初期費用など
本体価格
AQUOS wish2本体価格 26,640円
※新規契約 13,680円
※他社から乗り換え(MNP) 8,640円
※シンプルM・L契約時 追加で3,600円引き
初期費用
契約事務手数料 0円
基本料金(月額)
シンプルS(3GBプラン) 2,178円
シンプルM(15GBプラン)  3,278円
シンプルL(25GBプラン) 4,158円
適用できる割引など
2回線目以降の家族割引 月額 1,188円引き
光回線とのセット割引

SIM契約とセットで購入する場合、新規契約は12,960円・他社からワイモバイルへの乗り換え(MNP)は18,000円が通常の本体価格から値引きされます。

また契約プランがシンプルM・Lの場合は追加で3,600円の値引きがあり、最安だと本体価格5,040円で購入可能です。

ただしソフトバンク・LINEMO・ソフトバンク系格安SIMからの乗り換え(MNP)は特典の対象外なので注意してください。

ソフトバンクのSIMカード

ワイモバイルの主なサービス内容

ワイモバイルが提供しているシンプルプランの主なサービス内容は次のとおりです。

シンプルプランのサービス内容

ワイモバイル(シンプルプラン)
S M L
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
高速通信のデータ容量 3GB 15GB 25GB
超過後の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps
データ繰越 翌月
音声通話 22円/30秒
音声通話オプション かけ放題 月額 1,870円・10分かけ放題 月額 770円
割引 光セット割引または家族割引(2回線目以降)1,080円引

データ通信容量あたりの基本料金はオンライン専用プランなどと比べると高めですが、2回線目以降の家族割引額がかなり大きくなっています。(※1,080円引)

またワイモバイルはYahoo!(ヤフー)プレミアム会員の会費(月額508円)無料や、決済サービスPayPayが実施するキャンペーンでのポイント優遇なども利点です。

PayPay起動画面

使い勝手の良いAndroid端末

AQUOS wish2はハイエンドモデルのような目を引くような機能こそありませんが、普段使いに主要な機能は一通り揃っており、使い勝手の良さとコストパフォーマンスの高さが際立ちます。

またソフトバンクに比べると店舗数が限られますが、ワイモバイルはショップでの対面サポートが受けられる点もスマホの操作が苦手な方などには利点です。

対応周波数帯も多くSIMカードの2枚運用などもしやすくなっている端末なので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

ドコモのAQUOS wish2(SH-51C)とauのAQUOS sense6s(SHG07)の比較。基本性能と特徴。国内の対応周波数帯(バンド)。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)