Windows10のペイントを使った画像サイズの変更、モザイクのかけ方

ペイントの作業画面

Windows10のペイントを使った画像サイズの変更、モザイクのかけ方

パソコンを使った作業をしているときに、画像のサイズ調整などが必要になることがあります。

画像の加工には無料のフリーソフトやメーカー製の有料ソフトなどを使う方法もありますが、基本的な作業ならWindowsに標準でインストールされているペイントでも間に合います。

この記事ではWindows10のペイントを使った画像の切り抜き(トリミング)、画像サイズの変更、簡易なモザイクをかける手順を紹介します。

関連記事

スマートフォンを使ったテザリングのやり方。テザリング機能をオンにする手順。スマートフォンと外部機器の接続の種類と特長。利用する際の注意点。

Windows10のペイントの起動

Windows10でペイントを起動するショートカットは、スタートメニューのWindows アクセサリの中にあります。

Windows10のペイントの場所

スタートメニューを開くのにはキーボードの「Windowsキー(旗のマーク)」を利用することもできます。

「Windowsキー(旗のマーク)」->「P」->「Enter」(※ペイントを選択して)と順番にキーボードを打つと、マウスを使わず「ペイント」を起動することができます。

ペイントへのショートカット

切り抜き(トリミング)方法

画像の切り抜き(トリミング)をする際には、画像全体を表示しておくと作業がしやすくなります。

画像ファイルの縦横サイズが大きくてモニター画面内に収まらない場合は、右下のズームで調整します。

ズームで作業しやすいように調整

ペイントの起動画面

トリミングの実行

ペイントの上部メニューの中にある「選択」をクリックすると、画像の範囲選択ができるようになります。

マウスで画像の範囲を指定するとグレーアウトされていた「選択」の横にある「トリミング」の項目が有効に。

その状態で「トリミング」をクリックすると画像の切り抜きが実行されます。

トリミングの手順

画像サイズ(縦横)を指定する

画像サイズの変更は「サイズ変更」の項目から行います。

サイズ変更の方法は2種類あってパーセントを選択すると元画像からの拡大・縮小率の指定、ピクセルを選択すると直接ドット数が指定できます。

縦横方向のどちらか一方だけ変更したい場合は、「縦横比を維持する」のチェックを外すと縦、横それぞれ別々に設定可能です。

画像サイズの変更手順

サイズ変更を繰り返してモザイク

ペイントのサイズ変更機能を利用して、画像に簡易なモザイクを掛けることもできます。

まずモザイクを掛けたい場所を範囲選択し、画像のサイズを縮小します。

画像が縮小された状態のまま(※範囲選択がされた状態のまま)、再度「サイズ変更」クリックして今度は画像を拡大。

ペイントでモザイクをかける手順

一度縮小した画像を元のサイズまで拡大すると、選択した範囲がモザイク状になります。

※下記の例では選択した範囲の画像を10%(10分の1)に縮小した後、500%(5倍)、200%(2倍)に拡大を繰り返して元のサイズに。

ペイントでモザイクをかける手順

基本作業なら充分のペイント

Windowsパソコンであればペイントは標準でインストールされており、どの環境でも利用できる手軽さがあります。

基本的な画像加工ならペイントでも一通りの機能が揃っているので、画像ファイルのサイズ調整、Webサイトの軽量化などに活用してみてください。

関連記事

Googleフォトを利用した桜の写真の加工手順。Googleフォトの使い方。桜の写真の調整例。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329