ヨドバシカメラ、ビックカメラの一部店舗でSIMフリーiPhoneの販売開始

SIMカード

家電量販店でSIMフリーiPhoneが買える

2019年11月22日(金)よりヨドバシカメラ、ビックカメラの一部店舗にてSIMフリーiPhoneの販売を行うことが発表されました。

今まで通信事業者の制限がかけられていないSIMフリーiPhoneの購入は、Apple公式ストア、専門店などに限られていましたが、家電量販店でも購入が可能になります。

取り扱われるのは最新のiPhone 11シリーズに加え、iPhone XS、iPhone XR、iPhone 8も販売されます。

関連記事

現行iPhoneのCPUベンチマーク結果一覧。CPU性能とOSサポート期間の関係。

SIMフリー端末とは

3大キャリアでiPhoneを購入すると、不正購入や持ち逃げ防止などの目的でその通信事業者(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線でしか使用できないよう本体にSIMロックがかけられています。

SIMロックを解除するのには端末購入から一定期間が経過していることなどの条件があり、キャリアショップの店頭でロック解除をしてもらう場合にも手数料がかかります。

SIMフリー端末はそういった通信事業者のSIMロックがかかっておらず、購入直後からどの通信事業者でも使えるメリットがあります。

中古ショップなどへ下取りに出す場合でも、買取価格はSIMフリー端末のほうが若干高くなります。

SIMカード台紙

東京、大阪の4店舗のみ

今回SIMフリーiPhoneの販売が行われるヨドバシカメラ、ビックカメラは、全国で以下の4店舗のみです。

東京

  • ビックカメラ有楽町店
  • ビックロ ビックカメラ新宿東口店
  • ヨドバシカメラマルチメディアAkiba

大阪

  • ヨドバシカメラマルチメディア梅田

販売価格は、Apple公式ストアで販売している価格と同じになります。

家電量販店で買うメリット

価格がApple公式サイトと同じでも家電量販店で購入するメリットは、店舗ポイント各種キャッシュレス決済が利用できる点です。

店舗ポイントに関しては他のApple製品(iPad)の場合だと1%なので、それほど大きなポイントはつきません。

ただ支払いでキャッシュレス決済を利用することで各キャッシュレス決済会社のキャンペーンポイントが得られます。

特に年末は各社キャンペーン開催時期なので、自分が利用しているキャッシュレス決済のキャンペーンをチェックしてみてください。

スマホとカード類

格安SIMで最新iPhone

Appleストアで購入するときのように自分でメモリ容量を指定するといったカスタマイズはできませんが、家電量販店でSIMフリー端末を購入できる手軽さは魅力です。

ヨドバシカメラ、ビックカメラ両店舗では今回の取り扱い開始に合わせて、iPhoneの下取り額を増額するキャンペーンも実施されます。

機種変更のタイミングを迎えていて、新しいiPhoneの購入を考えている方などはチェックしてみてください。

関連記事

Apple公式サイト、3大キャリアのiPhone 11販売価格の比較。端末を返却した場合のユーザー負担額。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329