新大阪博多7500円「バリ得こだま、バリ得ひかり」を使う際のポイント

関西、九州間の格安新幹線旅行

「バリ得こだま」という格安新幹線旅行をご存知でしょうか。

日本旅行が関西地区で販売している新幹線こだま号を利用した旅行商品で、JR通常料金の約半額で新幹線が利用できることで人気の商品です。

その「バリ得こだま」に6月から「バリ得ひかり」プランが新たに追加されています。

関西や九州との間で旅行などの予定があり旅費を少しでも節約したい方には魅力的な商品になっています。

2016/9/13 追記

バリ得こだま、バリ得ひかりが10月から一部リニューアルを行い販売されます。料金なども少し変更されていますので、記事の内容をまとめ直しています。

2017/9/6 追記

料金、時刻表の変更に合わせて追記しました。

2018/3/15 追記

時刻表などを最新のものに差し替えました。

バリ得こだま(ひかり)の旅行代金(片道)

バリ得こだま(ひかり)が利用できる駅と旅行代金は以下のようになります。(こどもは下記の半額)

利用駅博多小倉
新大阪7,500円6,900円
新神戸7,300円6,700円
西明石7,100円6,500円
姫路6,900円6,300円

特典として小倉、博多駅構内の駅弁処や本屋、カフェなどで使用できる200円分のクーポン券がついてきます。

以前までお盆や年末の繁忙期などでは利用できませんでしたが、2017年8月以降は特別プランも用意されます。

繁忙期(4/28から5/6、8/10から8/16利用)

利用駅博多小倉
新大阪9,500円9,100円
新神戸9,300円8,900円
西明石9,100円8,700円
姫路8,900円8,500円

多少通常期間よりも料金が高くなりますが、それでも通常で新幹線を利用するよりもお得なプランです。

ひかりは大阪早朝出発2本、博多発2本

利用できる列車は以下のとおりです。新大阪から博多の所要時間はこだまで約4時間半、ひかりで約3時間となっています。

ただし、こだまはある程度乗車時間を選択できるのですが、ひかりを使いたい場合は、新大阪からは早朝の二本、博多からは早朝と20時台の2本に限られます。

バリ得ひかり時刻表

日本旅行ホームページより

バリ得こだまの注意点

利用できる列車は限られますがJRの窓口で通常切符を購入した場合、新大阪から博多だと約15,000円ほどになるので、約半額という非常に安い価格で新幹線が利用できます。

ただし「バリ得こだま」はあくまで旅行商品なので、通常切符と多少使い勝手が違います。利用する場合は以下の点を注意してください。

JRの窓口では買えません

「バリ得こだま」は切符ではなく、あくまで旅行商品(ツアー商品)なのでJRの窓口では購入できません。日本旅行の関西エリア各支店もしくはインターネットから申込みをする必要があります。

なお利用日当日の購入はできません。前日までの予約、購入(インターネットの場合は約1週間前の申し込み)が必要になります。

新幹線の駅までのJR在来線は別料金

通常JRで切符を購入した場合、乗車券は「大阪市内」等になっていて新幹線の駅までの在来線(例えば大阪駅から新大阪駅)が追加料金なしで利用できます。

「バリ得こだま」にはこの料金が含まれていませんので、JR在来線を利用する場合は、別途切符を購入する必要があります。利用する予定の発着駅が自宅などから遠い場合は注意してください。

2015/8/3追記

日本旅行さんに電話確認をしたところ、特定区内制度が適用されることを確認しました。上記内容は間違いです。確認不足でした、申し訳ありません。ウラヘイ@uraheitterさん、ご指摘ありがとうございました。

チケットは大阪市内、神戸市内、北九州市内、福岡市内となっており、新幹線の駅までのJR在来線の利用が可能です。

乗り遅れた場合、払い戻し不可

予定の列車に乗り遅れた場合、JRの通常切符であれば後続の自由席に乗車が可能なのですが、「バリ得こだま」は旅行商品なのでそれができません。くれぐれも乗り遅れだけは注意してください。

また交通機関などの遅れの場合でも「お客様都合による取消」となり払い戻しが受けられません。なので時間に余裕を持って駅に到着する必要があります。

全席指定、自由席利用不可、途中下車不可

「バリ得こだま」は自由席を利用することはできません。また途中下車も不可能になっています。

あとゴールデンウィーク、お盆などの混雑期(4/28~5/5、8/5~8/16)は利用できません

2017年の販売分は、前述のとおり年末年始利用プランも用意されています

ひかり号限定、500円追加でグリーン車

ひかり号に限られるのですが、代金に500円追加でグリーン車を利用することができます。通常グリーン車を利用すると、新大阪博多間で5000円以上かかるので非常にお得です。

予約後の日程、時刻の変更は「取消」扱い

一度予約購入をした後、乗車日や時刻の「変更」はできません。すべて「取消」扱いになります。変更ではなく取消だと問題になるのがキャンセル料が発生することです。

あくまで旅行商品なので、取消をしたのが乗車予定日(旅行日)の何日前かによって、規定のキャンセル料(0%から50%)が発生してしまいます。

また取消をできるのは、商品を購入した販売店の営業時間内のみになっているので注意してください。

九州各地では販売していない

店頭での購入は日本旅行の関西支店のみなので注意してください。ただし九州地区の近畿日本ツーリストでは「きままにこだま」という金額的にも「バリ得こだま」と同等の旅行商品が販売されているので、こちらを利用する手段もあります。

手頃な値段と新幹線の快適性

通常切符と比べるといくつかの制限があり、のぞみなどと比較すると時間もかかってしまいますが、通常料金のほぼ半額で新幹線が利用できるお得な商品です。上記の点さえ注意して、うまく活用してください。

11/7以降、新大阪~博多間の往復1便が話題のエヴァンゲリオン仕様のこだま(500 TYPE EVA)になっています。興味のある方はぜひ利用してみてください。

また、JTBさんからも格安新幹線「トク得!ひかり・こだま」という旅行商品が発売されています。店舗の利便性なども含め併せて検討してみて下さい。

関連記事

JTBの格安新幹線旅行 以前紹介した日本旅行さんの格安新幹線旅行「バリ得こだま」。それとほぼ同等の内容も旅行プラン「トク得!ひかり...
JRのお得な新幹線の早割チケットJR西日本、JR九州は大阪(神戸、岡山、広島)から九州各地の間の新幹線で、事前にインターネット予約で購入する...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク