逆光写真の顔を明るく修正する、Snapseedの使い方

たぬきの置物比較

逆光写真をアプリを使って修正

記念写真などでよくある失敗のひとつに、逆光で顔が真っ暗になってしまう失敗があります。

カメラに慣れている方が逆光を使って、意図的に被写体をシルエットにする場合などはいいんですが、家族旅行などの記録で写真を撮る場合、顔が真っ暗に写ってしまうと少しマズイ。

その場所に限って自分しか撮影していなかったり、家族から「お父さん駄目ねえ」的な理不尽な評価を受ける結果に。

「そんなに大事な思い出なら、自分のスマホでも撮影しておけよ」と言いたい気持ちをぐっと抑え「ごめんなさい」と素直に謝る世の父親。

そんな悲劇を少しでも無くすために、ときに役に立つのが写真加工アプリ。パソコンを使うことなくスマホだけで簡単に、逆光で真っ暗に写った顔を明るく修正できます。

今回は写真加工の定番アプリ、Snapseedを使った逆光写真の修正手順をまとめます。

※snapseedのバージョンアップがあったので、手順、画像などを差し替え(2017/10/1)

関連記事

スマホで感覚的につかえる無料写真加工アプリ「Snapseed」
写真加工アプリの大定番 スマホの爆発的な普及で、端末で写真を撮ってTwitterやインスタグラムなどのSNSに写真をアップロードをする...

Snapseedの基本的な使い方

Snapseedはgoogleが提供する写真加工アプリで、iPhone、androidどちらでも無料で利用することができます。

Snapseed

Snapseed
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Snapseedの操作方法で抑えておくのは次の2つ。

  • 上下スワイプ 項目選択
  • 左右スワイプ 補正数値の調整

基本的にこの二つだけ押さえておけば、Snapseedは使えます。

使いたい項目を上下スワイプで選んで、左右スワイプで写真の変化を確認しながら数値を調整していきます。あとは各項目の補正による効果を覚えていくと自在に写真を加工できるようになります。

顔を明るく修正する手順

修正前の写真

たぬきの置物

まずはアプリを立ち上げ、修正をする写真を選びます。

snapseed起動画面

修正したい写真を選択したら、中央下にある「ツール」をタップ。

snapseed画像加工画面

ツールの一覧から「画像調整」をタップ。

snapseedツール一覧

画面を上下スワイプして「アンビアンス」を選択。

画像調整の項目選択画面

アンビアンスは光のバランスを補正する項目で、逆光の写真などで使用することが多い調整です。顔を明るくする場合は右スワイプで値をプラスにします。

アンビアンス調整画面

まだ少し暗いので、写真全体の「明るさ」をプラスしてやります。(ただし「明るさ」を上げすぎると背景が白くとんでしまう場合があるので注意)

明るさ修正画面

加工が終わったら右下の「チェックマーク」をタップ。最後に右上の「エクスポート」をタップして保存すれば完了です。

画像保存画面

Snapseedで調整した結果

Snapseedで加工後の写真がこちらです。

たぬきの置物

加工前と加工後を並べて比較するとこんな感じです。

たぬきの置物比較

さすがに真っ暗に写った写真では限界がありますが、ぼんやりと陰影が残っている写真であれば、ある程度までは補正できるので覚えておくと便利です。

手元に逆光でミスったなあといった写真があったらスマホに取り込んでみて、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク