紅葉散策、有馬温泉駅から瑞宝寺公園への行き方

zu001

日暮しの庭、瑞宝寺

関西の奥座敷と呼ばれる有馬の温泉街では、四季折々自然の美しい風景を楽しむことができます。この季節だと秋が深まるにつれ色づく瑞宝寺公園の紅葉が有名で、兵庫県のなかでも代表的な紅葉スポットのひとつです。

豊臣秀吉がその美しさに時を忘れ終日過ごしたとされる故事から瑞宝寺は「日暮しの庭」とも呼ばれたりします。

zu002

有馬温泉から瑞宝寺公園へのアクセスはバスなどでも可能ですが、紅葉の季節には道路規制なども行われ混み合うこともしばしば。なので紅葉狩りに公園まで徒歩で訪れる方も多くいます。

温泉街の中心部から徒歩約20分ほどで行けるので、晴れた日に散歩がてらぼちぼちと景色を楽しんで歩いて行くのもおすすめです。

ただ有馬の温泉街の道は多少入り組んでおり、道を知っていないと地図を見ながらでも少し迷ってしまうかもしれません。今回は神鉄有馬温泉駅から瑞宝寺公園まで徒歩でいける簡単な道順を紹介します。

神戸電鉄有馬温泉駅から瑞宝寺公園へ(徒歩約20分)

神鉄有馬温泉駅から金の湯

スタートは神戸電鉄の有馬温泉駅から。駅の改札口を出た正面のところには小さなバスターミナルがあります。ここは神姫バスや各旅館からの送迎バスなどの停留場所にもなっています。

zu003

まず改札口を出て右手の方へ、駅前の車道を坂の上手へと上り、湯けむり広場の噴水、ねね像のある方面へと向かっていきます。

信号などを渡りながら道なりに進むと5分もしないうちに観光案内所や高速バス乗り場、お土産屋さんなどが立ち並ぶ大通りに到着。

zu013

土日などの休日には、大通りの奥にある広場で猿回しのショーなどが行われていることがあり、ひとだかりができていたりします。

そんな中ひときわ目立つオレンジの看板のお土産屋さんが見えてくるので、その角を左へ曲がり登っていき温泉街の中心部へ。

zu004

坂を登りはじめると一気に景色が代わり、温泉街の古い街並みに変化します。そしてほどなく左手には有馬玩具博物館、右手には金の湯の無料足湯などが見えてきます。

金の湯から杖捨橋

時間があれば足湯に浸かってから瑞宝寺公園を目指すのもありです。左手に玩具博物館、右手に金の湯の足場を見据えながら、さらに奥へと温泉街の坂道を道なりに進んでいきます。

zu005

このあたりは古い温泉街の街並みが続き、趣(おもむき)ある景色を楽しむことができます。坂の途中には懐かしい円柱の赤ポストなどもたっており、この路地を入ってすぐのところに天神泉源を祭った神社があります。

zu014

しばらく坂を登っていくと温泉街の街並みが途切れるところに、冨田屋さんという地元のお肉屋さんが見えてきます。すこし温泉街から外れることになりますが、瑞宝寺公園へ向かうにはそのまま、まっすぐ道なりに。

ちなみに冨田屋さんの前を通って右へ曲がって行くと、タンサン坂や銀の湯の方面に向かうことになります。zu006

まっすぐ進むとすこし住宅街へと入るため、これまでの温泉街からガラッと雰囲気が変わります。温泉街から離れ住宅街のあいだを5分も歩くと、川沿いの大きな車道へとぶつかります。

zu007

通りは少し車の往来があるので気を付けてください。突き当たった道沿いの川は六甲川になります。その車道を右に曲がって登っていくと、ほどなく杖捨橋の交差点へと到着。

zu008

杖捨橋から瑞宝寺公園

信号を通り杖捨橋を渡るとすぐに目に入ってくる「ホテルメープル有馬」。その建物の横の坂道を右手へと登っていきます。

zu009

すこし急な坂になっていますが、ほどなく緩やかに左へと曲がって行き「旅館瑞宝園」の看板が見えてきます。

zu010

その瑞宝園の看板のあるところは曲がらないで、さらに道なりに進んで行くと次の交差点に「瑞宝寺公園へ200m」の看板を見つけることができるので、そこを右に曲がります。

zu011

看板のある交差点を右に曲がるとそこからは一本道で、まっすぐに進んでいくとほどなく瑞宝寺公園入口の山門前に到着です。

zu012

車でのアクセス

電車ではなく車で行く場合は、公園から徒歩10分ほど離れた場所にコインパーキングがあります。紅葉のシーズンは公園周辺は車両規制が行われるので、この駐車場が公園に一番アクセスしやすいところにあります。

駐車場から瑞宝寺公園まで

駐車場の入り口を左に出ると交差点に大きな看板が出ていますので、そこを左に曲がり、あとは道なりに10分ほど歩くと瑞宝寺公園に着きます。

コインパーキングの入口

瑞宝寺公園近くの駐車場

パーキング入口を左に出て、交差点をまたすぐに左へ

瑞宝寺公園への看板

紅葉の見頃は11月上旬から

以下の写真は10月下旬に瑞宝寺公園で撮影してきたのですが、紅葉にはまだ少し早かったようでまだ緑が多く残っていました。zu015

zu016

zu017

瑞宝寺公園はこれから11月に入ってからが紅葉の本番になります。例年は11上旬には秀吉公を偲ぶ恒例の有馬大茶会が予定されており、その頃には紅葉もさらに進んで見頃になっているでしょう。

だいたい11月下旬までは紅葉が楽しめるので、温泉街から散歩がてらぜひ足を延ばしてみてください。

関連記事

有馬、瑞宝寺公園の紅葉(もみじ)の見頃、2017年の紅葉状況
見頃は11月中旬 11月に入って寒さが進み、本格的な紅葉(もみじ)のシーズンに突入。日頃の運動不足解消も兼ね、散歩がてら近所にある紅葉...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク