日本通信の「合理的かけほプラン」がヤマダ電機で取り扱い開始

日本通信SIM公式サイト

日本通信SIM公式サイトより

日本通信の「合理的かけほプラン」がヤマダ電機で取り扱い開始

格安SIMサービスを提供する日本通信株式会社は、同社のSIMサービス「合理的かけほプラン」をヤマダ電機の店舗で販売することを発表しました。

今まで利用にはWebサイトなどオンラインの契約がほぼ必須でしたが、全国のヤマダ電機516店舗も利用できるようになります。

「合理的かけほプラン」はスマートフォンを通話メインで利用されている方に向けた格安SIMサービスで、月額2,480円(税別)で通常の音声通話がかけ放題になるプランです。

関連記事

日本通信がサービスを開始するMVNOの音声通話かけ放題プラン「合理的かけほプラン」の詳細。月額料金とサービス内容。利用時の注意点。

合理的かけほプランの特徴

「合理的かけほプラン」の内容は以下のとおりです。

  • 月額基本料:2,480円
  • 国内音声通話かけ放題
  • 高速データ通信量:3GB(3GBを越える場合は1GBあたり250円)
  • SMS利用可能
  • SIMカード ドコモSIM

Androidスマートフォン

月の基本料金は2,480円で国内の音声通話かけ放題と高速データ通信量3GBが付いています。SMS(電話番号を利用したショートメッセージ)も利用可能です。

データ通信量は自分で上限を設定する形式で、月3GB以上のデータ量を高速通信で利用する場合は1GBあたり250円の追加料金がかかります。

あと提供されるSIMカードはドコモSIMのみになります。

スマホは自分で準備

「合理的かけほプラン」を利用する場合、日本通信では端末の販売をしていないのでスマートフォンを自分で用意する必要があります。

SIMフリースマホ、またはドコモで購入した端末ならそのまま利用できる場合が多いですが、au、ソフトバンクの端末で利用を考えている場合はSIMロックの解除(SIMフリー手続き)などが必要です。

対応機種は日本通信が公式サイトで発表している動作確認端末を確認してください。

リンク 日本通信SIM公式サイト 使える端末

https://www.nihontsushin.com/plan/available.html

格安SIMで通常の音声通話かけ放題

現在3大キャリア、サブブランド(UQモバイル、ワイモバイル)で通常の音声通話のかけ放題を利用する場合、基本料金に加えてオプション料金が約1,700円くらいかかります。

また楽天モバイルや他の格安SIMサービスでもかけ放題プランが用意されていますが、時間制限があったり、専用アプリからの発信が条件だったり、使い勝手の面で少し面倒です。

風船

「合理的かけほプラン」はそのあたりの音声通話をメインに利用するユーザー層に特化して、比較的安い料金で通常の音声通話かけ放題(アプリ不要)の使い勝手の良さを提供したプランです。

日本通信SIMも格安SIMなので初期設定などを含めた基本的な作業はある程度自分でやらなければいけません。

ただYAMADA電機店舗で取り扱われることである程度サポートは受けやすくなるので、携帯電話料金の節約を検討されている方はチェックしてみてください。

関連記事

日本通信の「合理的かけほプラン」と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」の比較。料金プランの内容と二つのプランの違い。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329