ゆうちょPAYはマイナポイントの申込だけで1,500ポイントを付与

ゆうちょPAYキャンペーン情報

ゆうちょ銀行公式サイトより

ゆうちょPAYはマイナポイントの申込だけで1,500ポイントを付与

2020年9月から開始されるマイナポイント制度で、ゆうちょPAYは共通の5,000ポイントに加え、1,500ポイントを追加で付与するキャンペーンを実施します。

マイナポイント制度では各キャッシュレス決済事業社が独自のキャンペーンを発表していますが、ゆうちょPAYのキャンペーンは申込だけでポイントが付与される点が特徴です。

現在は新規ユーザーを対象に500ポイントのプレゼントキャンペーンも実施しており、初めてゆうちょPAYを登録する場合は、マイナポイントの申込だけで合計2,000ポイントが受け取れます。

関連記事

ゆうちょPayの口座設定でエラーがでたときの対応メモ。エラーの原因と必要な手続き。

ゆうちょPayとは

ゆうちょPayはゆうちょ口座を利用したスマホ決済サービスで、ゆうちょ銀行の総合口座のみで利用できます。※クレジットカード不要

買い物などにゆうちょPAYで支払いした金額は即時に口座から引き落としが行われるため、事前の現金チャージなどが必要なく使い勝手がいいのも特徴です。

いわゆるデビットカードのスマホ決済版と考えてもらうとわかりやすいと思います。

郵便ポスト

口座と直結なのでクレジットカードと違い残高の範囲内でしか決済ができません。使い過ぎの防止に1日の使用上限金額、1か月の使用上限金額なども設定できます。

また関東圏の方で東急電鉄を利用される方であれば、駅の券売機を利用して口座から貯金の引き出しも可能です。

キャンペーンの内容

今回のマイナポイント制度に合わせて、ゆうちょPAYが実施するキャンペーンは以下の二つです。ゆうちょPAYを初めて利用される方だと、合計2,000ポイントが付与されます。

新規で口座登録まで500ポイント付与

条件

ゆうちょPayを新規でダウンロードし、口座登録まで完了

内容

ゆうちょPAYポイント500ポイント付与(※1ポイント=1円分相当)

期間

2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)

マイナポイントの申込で1,500ポイント付与

条件

マイナポイントの申込手続きで「ゆうちょPay」を選択して完了

内容

ゆうちょPAYポイント1,500ポイント付与(※1ポイント=1円分相当)

期間

2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)

青空と風船

使える店舗がやや少ない

マイナポイントの申込をする(ゆうちょPAYを選択する)だけで1,500ポイントが付与されるのは、他のサービスと比べて大きな利点です

ただすこしネックになるのは、ゆうちょPAYを使える店舗が他のサービスに比べるとやや少ない点です。

現在はコンビニやドラッグストア、大手家電量販店などでも使えるようになりましたが、対応していない店舗もたまに見かけます。

特にすべての郵便局がゆうちょPAYに対応しているわけではないので、切手などの購入時は注意する必要があります。※2月時点で全国65の郵便局がゆうちょPAYを導入。

必ず申込の前に、自分が普段利用する店舗が対応しているかをチェックしてください。

リンク

ゆうちょ銀行公式サイト ゆうちょPayが使えるお店

https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/yuchopay/kj_sk_yp_shop.html

クレジットカードを登録しなくても現金チャージ不要

ゆうちょPAYはゆうちょ口座に直結しているため、クレジットカードなどを登録しなくても事前の現金チャージなどは不要で使うことができます。

口座の残高内でしか決済もできないので使い過ぎの心配も少なく、1日あたり、1か月あたりの上限金額も設定可能です。

Androidスマートフォン

ゆうちょPAYのキャンペーンは条件がシンプルで他のサービスと比べても好条件になっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

マイナポイントを取得するまでの必要な手続きのまとめ。マイナンバーカード申請の流れ。マイナポイントの予約・申込手続きの注意点。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329