ソフトバンクの「半額サポート+(プラス)」が「トクするサポート」に名称変更

SIMカード

SIMロックルールの見直し

ソフトバンクは2019年9月9日に発表した新しい端末購入プログラム「半額サポート+」の名称を2019年10月10日より「トクするサポート」へ変更することを発表しました。

また10月1日から、従来ソフトバンクで購入した端末で実施していた100日間SIMロックルールを見直すことを発表しています。

SIMロックの即日解除を希望する場合は、端末の持ち逃げ対策などもありクレジットカード払いやデポジット制(預り金制度)などが条件になる予定です。

関連記事

ソフトバンクの端末購入プログラム「半額サポート+」の詳細。プログラムの利用条件。メリット、デメリット。

プログラム内容の変更はなし

プレスリリースによると「半額サポート+」から「トクするサポート」へ名称が変更されますが、プログラムの内容に変更はないとのことです。

ソフトバンクの新しい端末購入プログラムの概要は以下のとおりです。

  • 48回払いでの購入
  • 指定機種への機種変更旧端末を下取りに出すことで最大24回分の支払が不要
  • 月額390円×24回(計9,360円)のプログラム利用料がかかる
  • ソフトバンクの回線契約は不要

ただし10月1日から、ソフトバンクで購入した端末に実施しているSIMロックの100日ルールに関して見直す方針を併せて発表しています。

スマホ同梱品一覧

新しいSIMロック解除ルール

10月1日からは、まずソフトバンク”の回線契約がない利用者を対象に、SIMロックの解除をソフトバンクショップにおいて即日対応するとのことです。

ただし条件として、クレジットカード払いでの端末購入が条件になります。

ソフトバンク”の回線契約がある利用者についてのSIMロック解除条件についてはまだ詳細が未定で、デポジット制(預り金制度)などの導入を検討しているとのことです。

名称変更のみ

ソフトバンクは新しい端末購入プログラムの内容は見直さない方針で、総務省の有識者会議での指摘には、SIMロックルールの変更で対応する模様です。

ただ総務省が電気通信事業法の改正を議論するなかで重視してきた項目に「過度な囲い込みの撤廃」があります。

ソフトバンクの新端末購入プログラムは回線契約者が不要なので、確かに電気通信事業法には抵触しないのですが、総務省がすんなり認めるとは考えにくい状況です。

ほぼ同じ内容の端末購入プログラムを発表したauは、11月にプログラム内容を見直す方針でもあり、ルール変更を含め流動的な状況がまだ続きます。

ソフトバンク、auを利用されている方で機種変更を考えられている方は、普段よりすこし注意してニュースをチェックしておいてください。

関連記事

総務省がソフトバンクとKDDIの新端末購入プランで問題視した点。ドコモの新プランとの違い。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329