Go To Eatキャンペーンのポイント付与が近日中に終了

go to eat事業公式サイト

農林水産省公式サイトより

Go To Eatキャンペーンのポイント付与が近日中に終了

農林水産省は現在実施しているGo To Eatキャンペーンのうち、オンライン予約によるポイント付与に関して、近日中に終了予定であることを発表しました。

11月11日時点でオンライン予約の利用数は5,000万人分以上でポイント付与額が400億円分に到達。

ポイント付与分の予算616億円に近日中に到達する見込みのため、終了予告のアナウンスが行われました。

既に予約済の分に関しては影響はなくポイント付与が行われます。

関連記事

Go To Eatキャンペーンで実施されるポイント還元の概要。ポイント対象となる予約。キャンペーン期間。参加しているオンライン飲食予約サイト。

ポイントの有効期限はサイト毎に違う

今回はアナウンスはあくまで予告で、まだ現時点(2020年11月14日)で各オンライン予約サイトではポイント還元の対象となる予約が利用できる状況です。

ただし駆け込みでの利用も増えるため、早い時期でポイント付与の終了が見込まれます。

風船

またGo To Eatキャンペーンで付与されたポイントの有効期限は、利用したオンライン予約サイトによってルールが異なります。

有効期限はポイント付与日から60日間だったり、2021年3月31日までのところだったり様々なので、ポイントがある方は予約サイトで必ず確認しておいてください。

プレミアム付食事券の販売は継続

終了するのはGo To Eatキャンペーンのうちオンライン予約のポイント付与に関してで、プレミアム付食事券の販売は継続されます。

プレミアム付食事券は販売額の25%を国が付与(負担)する仕組みで、10,000円分の食事券だと8,000円で購入できます。

※販売単位、額面額は事業者ごとに異なります

※8,000円 × 1.25 = 10,000円分の食事券

食事券の販売方法は各都道府県によって異なっているので、利用される方は各事業者のホームページを確認してください。

プレミアム付食事券

農林水産省公式サイトより

リンク

農林水産省 Go To Eatキャンペーン公式サイト

https://gotoeat.maff.go.jp/

利用者が多いGo To Eatキャンペーン

10月から開始されたGo To Eatのポイント還元事業ですが、1か月半と当初の想定より早く終了しそうです。

プレミアム付食事券のほうも人気で、各事業者では抽選販売の形式になっているところも多くなっています。

ポイント還元は終了しますが、プレミアム付食事券の販売は2021年1月末、有効期限は2021年3月末までが予定されているので、チェックしてみてください。

関連記事

マイナンバーカードを取得してマイナポイントを受け取るまでの流れ。現在の申込状況と予算枠。必要な手続きと準備するもの。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329