ヤフーメール大規模障害約400万人に影響

ポスト

全ユーザーの8%

ヤフーメールで大規模なアクセス障害

ヤフーは2日、提供しているWebメールサービス「Yahoo!メール」の大規模なアクセス障害が発生している件に関して、10月3日中をめどに再開の準備作業を進めていることを発表した。アクセス障害は9月30日から発生しており、Yahoo!メールの全ユーザー約5000万のうち、約8パーセントにあたる約400万人がサービスにアクセスできない状況が発生している。

今回のアクセス障害の原因について、ヤフーはサイバー攻撃などではなく、社内のハードウエアのシステムトラブルに起因するものであるとしている。現在も詳細な原因については特定できてないとしながらも、機材の再点検や新たな機材を投入しており、サービスの復旧に向けてシステム安定化やデータ保全を優先的に行っている段階だとのことです。順調に作業が進めば、10月3日中にサービスの再開できる予定となっています。

障害期間中はメールを受信できていない可能性が

注意が必要なのは、アクセス障害が起きている期間メールが受信できない状態となっており、該当するアドレス宛に送られたメールは、復旧してもメールが受信されていない可能性があるとのことです。ヤフーではアクセス障害に関する報告ページを設置しており、状況が変わり次第告知を行うとしています。

約3日間サービスが利用出来ない状態が続いており、メインのメールアドレスとして使っている方は非常に困った事態に陥っています。ヤフーの早急な対応が待たれるところです。決して他人事ではなく、我々も当事者になる可能性があります。仕事などでメールを利用する場合は、こういった事態に備えて複数のアカウントを用意しておき、メールの署名欄には2つ以上のアドレスを記述しておくことをお勧めします。

関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク